USモデルのゴルフクラブは何が違うのか

販売されているゴルフクラブにはUSモデルというのがあります。これは、日本国内では発売されたゴルフクラブではなく、海外で販売されているゴルフクラブです。主にはアメリカとなります。

シャフトが違う

アメリカで販売されているゴルフクラブですから、純正装着されてるシャフトのスペックが外国人向けとなっています。ですから、シャフトが硬くて、重い場合があります。レディス用のゴルフクラブでも、日本人男性向けのシャフトフレックスSと同じか、それよりも硬くて重い場合もあります。

USモデルが難しい、USモデルのゴルフクラブは使いきれないと言われる理由のひとつとして、シャフトスペックが合わないということがあげられます。海外で発売されているゴルフクラブに装着するシャフトは外国人が使用することを前提としており、日本人の体型、体格、パワーでは振り回せないほどのハードスペックだったりもします。

ヘッドの構造は殆ど同じ

USモデルのゴルフクラブと日本で販売されているゴルフクラブのヘッドの構造は、ほとんど同じです。

USモデルのドライバーは高反発か?

高反発ではありません。SLEルール適合内の反発です。

USモデルは安い?

日本国内で発売されている価格と比べると安いです。ただ、為替の影響を受けて、価格が変動することもありますので、円高時は安く購入できるチャンスです。といっても、ドナルド・トランプさんの政策により、なかなか情勢は思うように運ばなさそうですが。

日本で売られてないゴルフクラブもある?

あります。日本では販売されてないモデルが多くあります。たとえば、3番ウッドのロフトは一般的には15度前後となりますが、USモデルの3番ウッドには13.5度というのがあったり、なかには16度というのがあったります。

以前、流行ったのがミニドライバーです。ドライバーと3番ウッドの中間のクラブで、ヘッド体積が小さく、シャフトが短いゴルフクラブです。ドライバーは難しいけど、ミニドライバーならというゴルファーに人気がありました。このミニドライバーも日本国内で発売されなかったモデルがありました。

USモデルがカスタムされて日本で販売される

海外で販売されたゴルフクラブが、日本人向けにカスタマイズされて日本国内で販売されているというのが一般的です。そのときに、シャフトのスペックも日本人向けになりますし、男性用、女性用に分類されて販売されます。

そもそも、ゴルフクラブをカスタムするというのは、自分が使いやすい仕様にすることであり、USモデルと日本国内で販売されるゴルフクラブというのを分類することがナンセンスなのかもしれません。上述したように、ヘッドの構造はUSモデルも日本製も変わりありません。異なるのはシャフトです。シャフトはリシャフトするか、はじめからカスタムシャフトを選択すればよいだけです。

USモデルのゴルフクラブ紹介

飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい