飛ぶアイアンは必要か?

飛ぶアイアンというのが、持てはやされていますが、最近のアイアンは飛び過ぎではないだろうか。いわゆる、ストロングロフトになっていたり、シャフトも少し長目になっていることもあり、その結果として今までのアイアンよりも飛ぶということになっているはずです。

飛ぶアイアンは楽なゴルフができる?

ただ、アイアンというクラブは飛ばすためのクラブではなくて、狙うクラブですから、飛べば良いという訳でもない。ただ、飛んでくれると楽ではあると思う。7番アイアンで140ヤード飛ぶ、だけど8番アイアンで140ヤード飛ばせるのであれば、8番アイアンの方が楽であると言えます。理由は、7番アイアンよりも短いからです。

アイアンは狙うクラブ

飛ぶアイアンというのは、たしかに楽なゴルフができるかもしれませんが、アイアンは飛ばすゴルフクラブではなく、狙うクラブです。本当に飛ぶアイアンを必要とするのかどうかはよく考えなければなりません。

下の番手(ウェッジ)とのバランスが難しい

飛ぶアイアンを使うことの弊害としては、下の番手とのバランスに困ります。9番アイアンで130ヤード近くも飛ぶようなアインを使う場合は、ショートアイアンよりも下のウェッジのロフト角の選択も難しくなってきます。難しいどころから、ウェッジ3本体制、ウェッジ4本体制になってしまうことまり、必要以上にウェッジを多く入れなければならないというセッティングになってしまうことがあります。

飛ぶアイアンは低スピン

さらには、最近の飛び系のアイアンは低重心で低スピンとなっています。低重心であることは大きなメリットがあり、ボールをきれいに拾ってくれるようにコンタクトできるイメージがありますし、ボールを高く上げることができます。ただ、低スピンのアイアンはデメリットの方が多いのではないだろうかと思います。アイアンはグリーンを狙うクラブです。低スピンのアイアンであれば、グリーンにボールを止め難くなってしまう可能性があるからです。

そもそも、アイアンクラブはボールにスピンを掛けて、ボールを高く上げて、勢いが失速して、真っ直ぐにボールが落下してくるような弾道が打ちたいゴルフクラブです。それなのに低スピンで飛ばせることだけを追求してしまうと、バックスピン量が少なくて、グリーンでボールを止め難くなってしまいます。いつも、グリーンを狙ったアイアンショットがグリーンから少しこぼれているというのは、アイアンショットの技術的な問題よりも、もしかしたらアイアンが低スピンだからという理由があるからなのかもしれませ。

様々な、モデルが登場して、色々な工夫が取り入れらているゴルフクラブですが、昔のままの方が良かったと感じる人も多いのではないでしょうか。ゴルフクラブ選びを間違えるとスコアを崩してしまうこともありますので、ゴルフクラブ選びは慎重になるべきです。とくにアイアンはグリーンを狙っていくクラブですし、使用頻度が高いクラブですから、尚更慎重に選ぶことが賢明です。

飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい