飛ぶドライバーの基本構造 2017年 最新情報

 

 

低重心+浅重心 or 低重心+深重心

最近のドライバーは低重心化が進んでおり、低重心が当たり前となってきています。各メーカーは低重心を基本ベースとして開発に取り組んでいることが窺えます。低重心にすることでコントロールされたボールを打ちやすくなります。また、低重心に併せて浅重心(前重心)、深重心があります。高反発ゴルフドライバー に関する情報サイトでは、低重心+浅重心、低重心+深重心のドライバーヘッドに関して細かく解説されています。

低重心+浅重心

低重心+浅重心 は、重心が低くて、フェース面側に重心が置かれているドライバーヘッドです。バックスピン量を減らして、低スピンで強いボールを打つことができます。強く叩きにいけるゴルファーじゃなければ、ボールに揚力を与えることができずにドロップボールとなってしまうこともあります。

低重心+深重心

低重心+深重心は、重心が低くて、ヘッド後方に重心が置かれているドライバーヘッドです。ヘッド後方からスイングエネルギーを伝えやすくなりますので、スイートエリアが広がります。打点が多少ズレても、それなりの反発でボールを飛ばすことができる、寛容性のあるドライバーとなります。

目次に戻る

 
 

重心距離の短いドライバーを選ぶ

重心距離の短いドライバーを使うことで、捉まったボールを打ちやすくなり、スライスボールを減らすことができます。ドライバーで飛ばない、飛距離をロスしていると感じる殆どの大きな理由としては、スライスがあります。

スライスボールというのは、ボールが右に曲がっていきますし、ランも出ません。また、スライスボールが出るということは、ドライバーのフェースが開いてインパクトをしているということになり、高い弾道でボールが右に曲がっていくことが殆どです。ですから、スライスボールは、真っ直ぐに飛ばないので、飛距離をロスしてしまいます。

スライスを軽減するだけでも、飛距離アップができます。そのためには、重心距離の短いドライバーを使うことをオススメします。曲がらずに、まっすぐに飛ばして、直進性の高いボールを打つことができれば、飛距離アップが望めます。

重心距離が短いドライバーというのも、飛ぶドライバーの要素としては、とても重要です。

目次に戻る

 
 

飛ぶドライバーは、ボール初速が速い

ボール初速アップを狙うドライバーが増えています。ボール初速を速くするのは実は最も難しいと言われています。ヘッドスピードを速くするというのも、実はボール初速をアップさせるためであり、結果的に飛距離アップができるからです。

最近のドライバーはヘッドのクラウン部分にカーボンを使用して、たわみ効果を採用していたり、ソール側にスリット(溝)を設けて反発力を高める工夫を取り入れています。ドライバーのフェース面の反発はルールで、COR 0.83までと定められています。ですから、COR 0.83以上は高反発となり、ルール不適合となります。ですが、クラブヘッドがボールにヒットしたときに、ヘッドがたわみ 戻ることで反発力を高めて、ボール初速アップを狙うという仕組みになっています。

最近、飛ぶドライバーと言われているモデルの殆どが、ボール初速アップを実現しています。ヘッドスピードを速くしなくても、今のままのスイングスピードで、ボール初速が速くなれば、飛距離アップができます。

目次に戻る

 
 

フェース面の弾きが強い(ルール適合内で高反発)

まずは、フェース面の弾き、反発係数を知ることが大切です。

反発係数

フェース面の反発の高さを数値で表すために反発係数というものがあり、数字が大きい方が反発が強いです。反発が高ければ、フェース面で強いチカラでボールを反発させることができます。

0.83 と 0.835 の 違いはたったの 0.005 ですが、反発係数が 0.001 高くなるだけで飛距離が約1ヤード伸びるとされており、0.005 高いということは飛距離が5ヤードは伸びるという計算になります。反発係数は、とても難しい計算となりますので、高反発ゴルフドライバーの反発係数に関する詳細記事を読んでいただくと判りやすいです。

一般的なドライバーは、反発係数が 0.83以下となっています。これは、ゴルフ規則で定められているからです。反発係数0.83を超えてしまうと、ルール不適合クラブとなってしまいますので、正式な競技などで使用することができません。

フェース面の肉薄化

フェース面の反発係数を高めるには、フェース面を薄くしなければなりません。フェース面を薄くすることを肉薄化という言葉をつかいます。ただし、あまりにも薄くしてしまうとフェース面が割れてしまう恐れもあるのです。一般的に販売されているドライバーの殆どが大量生産となっており、フェース面の反発を高めるために、フェース面を極限にまで肉薄化することが難しいのです。大量生産であるが故に、フェース面の肉厚に多少のバラつきが発生します。大量生産をする工程において、0.83以内ギリギリの数値で生産することは難しいです。多少のバラ付きが発生しても良いように、0.83という数値を下回る、0.825、0.828くらいで生産させれていることが一般的です。

ということは、一般的なドライバーの反発係数は0.83以下であり、0.825前後であると言えます。いえ、もっと低い数値になていることもあります。故に、一般的に市販されているドライバーは、低反発ドライバーと呼ばれることもあります。

なかには、ルール適合ギリギリの弾きを追求しているゴルフクラブメーカーもあり、実際にルール不適合となるゴルフクラブが市場に出回ってしまったということもありました。

最近の新しいモデルのドライバーの殆どはフェース面の弾きの強さをアピールしています。弾くことで、ボール初速を速めようとしているということです。ボール初速が速くなれば、飛距離アップができるからです。

目次に戻る

 
 

ソール側に溝(スリット)が入っているドライバー

ドライバーヘッドのソール側、フェース面寄りに溝(スリット)が設けられているドライバーがありますが、その効果を知っていますか? 溝(スリット)もボールの弾きを強くするための仕組みです。この仕組みも、打点がズレてスイートエリアを外してインパクトしても、スイートエリア近くでボールを打ったときに近い強い弾きを得ることができる仕組みです。フェース面の真ん中でボールを打つことができれば、最大の反発力でボールを飛ばせます。フェース面の真ん中を外してしまうと、強い反発が得られないのですが、溝(スリット)を設けることで、強い弾きでボールを飛ばすことができます。だからといって、ルール不適合となるような反発力にはなりません。あくまでも、ルール適合内で反発を高めています。

目次に戻る

 
 

長いシャフトでヘッドスピード・アップ

飛ぶと言われる要素のなかにシャフトを長くしているドライバーもあります。最近のドライバーは概ねシャフトの長さが45.5インチ前後となっています。シャフトが長いと感じるのは46インチ前後となります。長尺ドライバーに分類されます。シャフトを長くすることでヘッドスピードを少しでも速くしようという考えです。

一般的なドライバーのシャフトの長さは45インチ前後であると言われていますが、最近のドライバーは少しずつですがシャフトが長目の設定になってきています。何故、長いシャフトを装着しているのかと言いますと、長いシャフトの方がヘッドスピードが上がるからです。

一般的にはシャフトが1インチ長くなることで、ヘッドスピードが1m/s速くなるとされています。長いシャフトの方が明らかにヘッドスピードが速くなります。

ヘッドスピードが1m/s速くなると約5ヤード飛距離が伸びるとされています。併せてボール初速が1.45倍になるとされています。計算式は以下の通りとなります。

  • シャフト1インチ = ヘッドスピード1m/s
  • ヘッドスピード1m/s = ボール初速1.45倍
  • 係数4 × ボール初速1.45倍 = 5.8ヤード

フェース面の弾きの強さと長いシャフトの相乗効果を狙っているのでしょう。シャフトが長い、長尺ドライバーは、たしかにヘッドスピードが速くなりますが、インパクトでの打点がズレやすくなります。また、シャフトがトゥ側に撓る、トゥダウン現象も顕著にあらわれます。ですから、ミート率が悪くなり、飛距離が落ちてしまうこともありますので、注意が必要です。

目次に戻る

 
 

短いシャフトでミート率アップ

長いシャフトを使えば、ヘッドスピードが速くなるので、飛距離アップができます。飛ぶドライバーの殆どは、長いシャフトが装着されていることが多いです。

ですが、逆の発想で短いシャフトのドライバーを使った方が振りやすくなり、飛ぶと感じる人が多いのは事実です。つまり、短尺ドライバーを使うということです。ドライバーで打つよりも、フェアウェイウッドで打った方が、よく飛んでいると感じることもあります。その理由は、フェアウェイウッドの方がシャフトが短くて振りやすく、思い切って振り抜いているからでしょう。併せて、フェアウェイウッドの方がヘッドが小さくなっていますし、低重心で作られており、スイートエリア近くでボールを打ちやすいヘッド形状となっていますから、ミート率が高まりますし、高いボールで、しっかりと飛ばすことができます。

ならば、ドライバーもシャフトを短くした方が飛ぶのではないだろうかと思うはずです。シャフトが短くなった分だけ、ヘッドスピードが遅くなりますが、スイートエリア近くで打ちやすくなりますので、飛距離アップができる可能性はあります。また、シャフトが短い方が振り抜きやすいので、フェースをスクエアにしてインパクトしやすくなることから、スライスを軽減できる可能性もあります。

長目のシャフトで、打点がズレたインパクトばかりのドライバーショットよりは、短いシャフトでミート率の高いショットの方が飛ばせますし、安定した飛びを実現できます。

数年前は、飛距離アップするために長目のシャフトを装着した長尺ドライバーが流行した時期もありました。そして、実際に飛ばせました。ですが、打点がズレてしまうことが多いので、ミート率が下がってしまいます。

シャフトが短いドライバーであれば、振り易さもありますし、的確なインパクトで打ちやすくなりますから、ミート率が高くなります。短尺ドライバーも、飛ぶドライバーに分類されるようになってきました。

目次に戻る

 
 

トルクの多いシャフトが増えた

シャフトが長いだけでは意味がありません。シャフトは撓りを活かしてこそ、クラブヘッドを走らせることができます。最近の新しいモデルのドライバーに装着されたシャフトは長いだけではなく、インパクト瞬間にシャフトが撓り戻った、その勢いを飛距離に活かすことができる、オリジナルシャフトとなっています。

硬いだけのシャフトは、シャフトの撓りを活かすことができません。逆に柔らか過ぎるシャフトはスイングパワーに負けてしまって、撓り戻りを失ってしまい、スイングのパワーをボールに伝達することが出来ません。

ドライバーというクラブは速く振るだけではなく、如何にシャフトを撓らせて、ヘッドを加速させるかというところがポイントとなってきます。最近のシャフトは適切な撓り戻りによりヘッドが加速する設計となっています。

飛ぶドライバーは、ドライバーヘッドの進化もありますが、シャフトの剛性進化があったからこそ、飛ぶドライバーが誕生したと言えます。また、ゴルフクラブの良し悪しの殆どはシャフトで決まると言われるほど、シャフトは重要な要素です。

各メーカー、新しいドライバーを発表するごとに新しい技術や考え方が取り入れられています。その新しい技術や新しい考え方を知るというのは、ドライバーというゴルフクラブの進化を知る事が出来ます。また、新しい技術や考え方を知ることで、昨今のトレンドを窺い知ることも出来ます。

目次に戻る

 
 

フェース面の弾きとロフト角

フェース面の弾きは、ロフト角も影響をしていますので、ロフト角のことを深く知っておくことも大切です。

 

フェース面の弾き

ロフト角11度 と ロフト角 9度 のドライバーでは、どちらが弾きが強いかと言いますと、理論的には、ロフト角9度のドライバーの方が、弾きが強いといえます。理由としては、フェース面が立っているからであり、フェース面が垂直(0度)に近ければ、近いほどボールを弾くエネルギーが強くなります。現実的には、ロフト角0度というのは、ボールを上げることができませんので、現実的ではありません。

また、市販されているドライバーの場合、記載されているロフト角と実際のロフト角が異なることが多いです。一般的にはリアルロフトと呼ばれています。メーカーカタログにはロフト角10.5度と記載されているのだが、実際にロフト角を計測すると、13度ということはよくあることです。つまり、ロフト角10.5度だと思っていたのに、とてもボールが上がるというのは、リアルロフトが大きいからです。この場合、ボールが上がり過ぎて、飛距離をロスする可能性がありますし、無駄なバックスピン量が増えることもあります。

 

ロフト角

最近のドライバーは、低スピンなボールを打ちやすくなっています。つまり、バックスピン量を減らすために、浅重心(前重心)と呼ばれる、フェース面寄りに重心が置かれています。バックスピン量が少ないと、無駄なスピン量を抑えて、飛距離アップさせることができます。ですが、その反面、ボールに揚力を与えることができずに、高さを出せないということもあります。高さが出ない場合は、ドロップボールに近い状態となり、打ち出されたボールが直ぐに落下してしまうということもあります。この場合、飛距離アップができません。ドロップボールにならないようにするために、ロフト角を大きくして、最初から打ち出し角を高めにしておくという工夫が取り入れられているドライバーが多いです。ただし、ご存知のとおりロフト角が大きい場合は、バックスピン量が増えてしまう可能性があります。ロフト角56度のウェッジとアイアンを比較しても明確です。アイアンよりもロフト角56度のウェッジの方がスピン量が多いということです。

ドライバーの場合、ロフト角が大きくなると、左右の横のスピン量も増えやすくなる傾向にあります。つまり、スライスしやすくなったり、フックしやすくなることもあるということです。

低スピンなドライバーが主流となりつつあり、ロフトアップを推奨されている時代ですが、ロフト角が大きいと、逆にスライス回転が増えてしまうこともあります。逆にロフト角を小さめにして、9.5度前後にすると、左右のスピンが減って、曲り幅が減ったというような場合もあります。ですから、低スピンだからといって、高さを出そうとして、ロフト角ばかりに捉われていると、逆にスライスが多くなってしまい、飛距離アップができなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

高反発なフェース面

もっと飛ばしたいというゴルファーの場合は、高反発なフェース面を採用したドライバーを使うと良いでしょう。SLEルールでは、フェース面の反発係数は 0.83以内と定められているということを念頭に置きつつ使用することが大切です。高反発ゴルフドライバーは、正式な競技やゴルフ規則に従ったコンペなどでは使用することはできません。ただ、高反発のドライバーは飛びます。

市販されているドライバーのフェース面を研磨して、高反発加工するという方法もあります。この場合、中古のドライバーよりも新品のドライバーを購入してフェース面の研磨をされる方が賢明です。中古ドライバーでもフェース面の研磨は可能ですが、既にフェース面が劣化している可能性が、フェース面が割れてしまう可能性があるからです。

フェース面を研磨して、高反発にするのであれば、最初から高反発のフェース面を採用した、高反発ゴルフドライバーを使用した方がコストを抑えて飛距離アップすることができます。

目次に戻る
 
 

自分に合った本当に飛ぶドライバー まとめ

スライスが出やすい場合

  • フックフェースのドライバーを使う
  • 重心距離が短い 捉まりの良いドライバーを使う

振り難いと感じる場合

  • シャフトは長すぎず、短すぎず
  • ミート率を高めるために短尺ドライバーを使う
  • シャフトは硬すぎず、柔らかすぎず

ボールが上がらない場合

  • ロフト角の数字を大きくする
  • 浅重心(前重心)のドライバーを選ばない
  • 深重心のドライバーを使う
  • シャローフェースのドライバーを選ぶ

目次に戻る

 

 

ハンディキャップを縮めるために飛距離は必要

ゴルフ100切るには飛距離が必要というタイトルですが、100切りだけじゃなく、ハンディキャップを縮めるためにも飛距離は必要です。特に、ある程度のハンディキャップになってくると、飛距離不足を痛感します。倶楽部によって異なりますが、Bクラスまでは、レギュラーティーで競技をします。Aクラスになると、バックティーからとなります。バックティーからのラウンドは、絶対に飛距離が必要となります。普通に240ヤード以上飛ばなければ、次のショットが苦しくなりますし、なかなかパーが獲れないゴルフが続くことになります。ですから、飛距離は必要です。ゴルフは飛距離じゃないと言いますが、飛距離は必要です。

目次に戻る

 

 

飛距離が出ないと苦しいゴルフが続く

飛距離が出ないと、セカンドショットでの距離が残ってしまいますので、難しいゴルフとなってしまいます。PAR380ヤードというホールで、ティーショットのドライバーが、180ヤードしか飛ばなかったら、グリーンまでの距離は180ヤード残ることになります。ドライバーでのティーショットで180ヤードしか飛ばないということは、3番ウッドで170ヤードくらい、5番ウッドで160ヤードくらいしか飛ばないということになります。なかには、ドライバーは180ヤードしか飛ばないけど、3番ウッドの方が飛ぶという人も居たりもしますが。

ティーショットで飛ばすことができなければ、グリーンまでの距離が多く残ってしまい、途端にゴルフが難しくなります。ゴルフで良いスコアマークしてくるには、飛距離は必要ないと言われることもありますが、ある程度は飛ばせないと苦しいゴルフが続きます。

目次に戻る

 

 

100切りゴルファー、女性ゴルファーは飛ばせ!

飛距離が必要ないと言われることがあっても、飛距離は必要です。とくにゴルフ100切りを目指している人や女性ゴルファーは、飛ばないよりも飛ばせた方が明らかにスコアが良くなります。ボールを遠くへ飛ばせることがゴルフというスポーツではアドバンテージになります。

ゴルフコースの全長が6500ヤード と 全長5500ヤード どちらが難しいかと言えば、全長6500ヤードのゴルフコースの方が難しいです。距離が長い分、飛ばすことが必要になります。全長が短ければ、飛ばせなくてもグリーン近くにボールを運ぶことができますので、なんとかスコアをまとめてくることができます。

飛距離が出せれば良いというよりも、長い距離を正確に飛ばすことが難しいということになります。

ですから、飛ばせた方が楽ですし、スコアもよくなります。一般的に100ヤードで1打くらいスコアが違ってくると言われています。ゴルフコースのレートを見ても、レギュラーティーからのレートとバックティーからのレートを確認してみると、バックティーからの方が難しいとされています。バックティーからのラウンドの方が距離が長いからです。

ゴルフは飛ばせた方が楽ですし、スコアも良くなります。飛ぶドライバーも必要ですが、飛ばせる正しいゴルフスイングも必要となります。

目次に戻る

 

その他、関連記事

どうして、ドライバーは長くてヘッドが大きいのか?...
views 3
10年以上、ゴルフをしている人ならば、判るはず。どうして、最近のドライバーは、長くて、ヘッドが大きいのか? 違和感があって仕方がありません。...
キャロウェイ GBB EPIC スター ドライバー 中古...
views 17
  SLEルールギリギリのCT値を追求しているとのメーカー側のコメント通り、弾き感のあるドライバーです。初めて打ったときには...
つるや AXEL BL ドライバー
views 5
つるや AXEL BL ドライバー   重めのヘッドで力強いインパクトが実現できるドライバーです。ドライバーヘッド 203...
ヨネックス EZONE XPG ドライバー
views 7
  このドライバーの最大の特徴としては、ヘッドスピード43m/s で 290ヤード飛ばせるというてんです。スピン量が多い...
テーラーメイド SLDR S ドライバー
views 15
  前重心(浅重心)のドライバーが増えつつあり、低スピンなボールを打てるドライバーが主流になりつつあるときに登場したのが...
ゴルフショップは、入り難い?
views 2
たまに、ゴルフ工房やゴルフ・カスタムショップなどを街中で見かけることがあります。こんなところに、ショップがあったんだと思うこともあります。も...
古いドライバーと新しいモデルの大きな違い...
views 9
古いモデルのドライバーでも、飛ぶ要素を持ったドライバーは、実際にあります。古いというのは、5年、7年くらいのモデルであると仮定しましょう。そ...
テーラーメイド R580 2002年モデル 高反発...
views 15
  2002年モデルのドライバーです。2008年SLEルール不適合モデル。高反発です。 スペック詳細 ロフト角:7....
飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい