テーラーメイド M4 ドライバー 2018年モデル

 
ツイストフェイスという新しいアイデアによるフェースとなっており、適切なギア効果で、適切な弾道で打っていけるモデルです。

テーラーメイドのツイストフェースとハンマーヘッド

ツイストフェースの効果

2018年モデルのテーラーメイドの最大の話題は、ツイストフェースです。捻じれたフェースで、ギア効果を最適にしてくれるという構造です。M3、M4ドライバーが発売される直前から、ツイストフェースの有用性を強くアピールしていました。たしかにギア効果を最適することで、曲り幅を抑えたり、無駄なスピンを減らすことができますので、直進性の高いボールを打つことができます。

的確なヘッドローテーションが必要

ツイストフェースの効果を活かすには、適切なヘッドローテーションが必要だと感じています。M4ドライバーを打たせてもらったのですが、構えてみると、少しオープンフェース気味になっています。完全にチーピンを嫌がるゴルファーが好む顔つきになっています。そのまま、インパクトしてしまえば、当たり前のようにスライスボール、フェードボールとなります。

インパクトから、しっかりと右腕を使って、伸ばして、飛球線方向へボールを押し込んでいく、または飛球線方向へ放り投げるような打ち方ができるゴルファーであれば、ツイストフェースの効果があるはずです。チーピン、フック回転を減らすことができますし、逆にすっぽ抜けてしまうことを軽減することができます。

捉まりが良いという感じではないので、460ccというデカヘッドのドライバーをスクエアに、またはフェースを閉じるようなローテーションができるゴルファーにとっては、強い武器になりそうです。

 

ハンマーヘッドは飛ぶ!

ツイストフェースよりも、飛距離に直結していると感じたのが、ハンマーヘッドです。ハンマーバランスのようなヘッドを効かせたドライバーかと思ったのですが、ハンマーヘッドは、ソール側に設けられた溝のことでした。

もともと、エアロバーナードライバーに搭載された、スピードポケットが原型となっており、M2ドライバー2016年、M2ドライバー2017年モデルには、M2専用の貫通型のスピードポケットとして進化してきました。このスピードポケットという溝があるからこそ、打点がズレても強い反発が得られるようになていますし、スイートエリアで打てると、強い弾きで飛ばすことができます。

M4ドライバーは、スピードポケットが進化して、さらにハンマーヘッドとなりました。ソール側に取り付けられている溝です。ハンマーヘッドは、溝が3つに分割されています。トゥ側、ヒール側、センターの3つとなっています。溝を分割しているリブがヘッドやフェースの無駄な撓みを抑えて、強く弾いてくれる仕組みになっています。キャロウェイのジェイルブレイクテクロノジーに近いイメージです。

最大の反発力が得られる

ツイストフェースの訴求で陰に隠れてしまいつつある、ハンマーヘッドですが、テーラーメイドのデータでは、ルール許容範囲内の反発係数に限りなく近い最大反発が得られるとしています。実際にM4ドライバーを打たせもらいましたが、ツイストフェースよりも、ハンマーヘッドの弾きの強さに驚きました。この弾きはスゴイです。テーラーメイドの2018年モデルの飛び性能は、ハンマーバランスで担っていると思いました。初めて、GBB EPIC を打ったときの感触に似ています。完全に弾き系です。

テーラーメイドは、RBZシリーズなど、もともと弾き系のゴルフクラブが得意なので、今までの弾き性能と反発性能が集約されたという感じがします。

球離れが速いので、ボールを潰している感覚などは、殆どありません。ボールを潰している感触かなと思っても、カーボン素材のヘッドが撓んでいるだけだったりもします。ソールのヘッド後方に取り付けられたウェイトを重くしたり、調整をすれば、強いインパクトで打てますので、さらに弾きが強くなりそうな感じです。

 

サウンドリブの不思議

カーボンを採用したコンポジット系のドライバーの宿命とも言える打音の方ですが、かなり改善されてきています。サウンドリブなるものを搭載して、できるかぎり心地よい打音にしています。ですが、ボールを打った瞬間にヘッド後方から音が聞こえてきます。それもそのはず、サウンドリブがヘッド後方に付いているからです。慣れるまで、少し不思議な感覚がします。

純正装着シャフト:FUBUKI TM5

FUBUKI TM5 シャフト スペック

シャフトはソフトスペックとなっていますが、長さが45.75インチ(実測46インチ)となっており、長目なので軽量なシャフトが装着されています。

フレックス トルク シャフト重量 クラブ総重量 バランス
S 4.6 54 299 D2.5
SR 5.0 52 297 D2.5
R 5.2 50 295 D2.5

 

テーラーメイド公式ネットショップ

テーラーメイド公式ネットショップでも、M3、M4 シリーズが発売されています。各シャフト、ロフト角を選択することができます。また、ドライバーだけではなく、アイアン、フェアウェイウッドもあります。

その他、関連記事

テーラーメイド M4 D-TYPE ドライバー USモデル...
views 2139
2018/06/11 更新 テーラーメイド M4 D-TYPE ドライバー USモデル M4 D-TYPE ドライバーとは MAT...
NUD GHIBLI(ニューディーギブリ)高反発ドライバー...
views 1026
  スペック詳細 ロフト角:10°~12° ライ角:59° ヘッド体積:445cc 地クラブで有名なBA...
テーラーメイド M1 ドライバー 2017年モデル...
views 1140
テーラーメイド M1 ドライバー 2017年モデルは、ヘッド体積が440cc、460cc の 2つのモデルがあります。 M2ドライバー...
テーラーメイド M3 ドライバー
views 17
松山英樹がM3ドライバーを使用し始めてから注目度が高くなっています。また、全米オープンで優勝した、ブルック・ケプカが使用していたドライバーが...
テーラーメイド r5 XL PLUS Type-D ドライバー...
views 1221
  2008年モデルのドライバーです。SLEルール適合モデルです。D Type は ドローが打ちやすくなっているモデルのこと...
PRGR RS-F 2016年モデル 不適合
views 1315
  プロギアは、とにかく飛ばせるドライバーを開発してきます。2016年のモデルの中には、ルール不適合となるほどの強い反発...
プロギア RS-F ドライバー 2017年モデル
views 369
小平智がUSPGAツアーで優勝をしたこともあり、プロギアのドライバーの人気が高まってきています。 特に、小平智が使用しているR...
USモデルのゴルフクラブは何が違うのか...
views 1339
販売されているゴルフクラブにはUSモデルというのがあります。これは、日本国内では発売されたゴルフクラブではなく、海外で販売されているゴルフク...
つるや ONESIDER NS-01 ドライバー 中古
views 1193
  マイナーなイメージのある つるや ですが、けっこう良いドライバーを作ってます。ONESIDR NS-01 の 特長は重心...
NEXGEN6 ドライバー | ネクスジェン ドライバー...
views 1698
  ゴルフパートナーは、常に革新的なドライバーを開発しています。日本のメーカーだからこそ、日本人の体形、日本人のパワーに合わ...
テーラーメイド バーナー ドライバー 2009...
views 1200
  ツアーバナーの流れを組んだドライバーです。ヘッド形状が三角形となっており、個性的なドライバーです。ヘッド形状が気に入らな...
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル...
views 1789
2018/06/11 更新   2017年モデルのM2ドライバーが登場してから、マークダウンされて、かなり価格が安くなりま...
地クラブは、やっぱり飛ぶ!
views 10182
地クラブは本当に飛ぶのだろうか? 地クラブは値段が高いけど、一般的に市販されているドライバーと何が違うのか? そんな疑問を持っているゴルファ...
飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい