中古ドライバーの選び方

ゴルフクラブの中古市場には、本当に多くのゴルフクラブが出回っています。自分に合わないドライバーと思ったら、直ぐに買い替えができるような時代になってきました。ただ、しょっちゅう買い替えていたら、お金が幾らあっても足らなくなってしまいます。ですから、最初からターゲットを絞って中古ドライバーを購入することが大切です。
 

 

中古ドライバーの年式を見極める

中古ゴルフクラブですから、新品ではありません。古いわけです。ですから、ゴルフクラブ自体の年式を見極めることが大切です。あまりにも古いと、劣化が酷い場合がありますので、注意が必要です。というよりも、殆ど市場価値が無いのではと思うほど古いモデルもあります。懐かしさのあまり購入する人も居るかもしれませんが、あまりにも古いモデルは避けるべきです。

古いモデルといっても、できれば、5年~6年くらい古いモデルが限界であろうと思います。もちろん、もっと古いモデルでも使用感が無いゴルフクラブもあるかと思いますが、古すぎる場合は、ゴルフクラブの劣化状態が心配だからです。

ページ上に戻る

 
 

劣化状態を知ること

中古のゴルフクラブを購入する際には、そのゴルフクラブの程度がランク分けされていることがあります。一般的には、アルファベット A が最も程度が良いとされており、B、C、D と 順番に使用感があらわれてきて、程度は悪くなります。

そして、時折目にする N というのは、新品です。ゴルフクラブを包んでいるパッケージも未開封であることも多いです。この場合は、新品であると認識して問題ないと思います。ただし、型落ちか、モデルが少し古いかという感じで、アウトレットに近い状態となっています。品質的には、なんら問題はありません。

ページ上に戻る

 
 

出来る限り純正のままのドライバーを探す

中古ドライバーを探している場合、リシャフトされたドライバー、グリップが交換されたドライバーなども販売されています。ですが、出来る限り純正の状態を維持しているドライバーを探した方が良いです。

リシャフト
リシャフトしてあるということは、良質なシャフトが装着されている可能性もあるのですが、どうやってリシャフトをしたのかが判りません。自分でリシャフトしたのか、ゴルフショップでリシャフトしてもらったのか、または何度もシャフトを抜き差ししている可能性もあります。ですから、品質的に少々不安があるということです。

シャフト差し戻し
一般的には、シャフトを抜き差しされている場合は、差し戻しと記載されています。差し戻しがダメという訳ではありませんが、品質的に不安が残るということです。

グリップ交換
グリップ交換されている場合は、大きな問題はないかと思いますが、クラブ全体のバランスが変わってしまっていることが多くあり、本来のゴルフクラブの性能が発揮できないこともあります。純正グリップよりも軽いグリップだったら、ヘッドが効きます。純正よりも重いグリップに変更されていたら、手元側が重くなり、カウンターバランスっぽくなります。グリップを交換するということは、クラブ全体のバランスが変わると考えることもできますし、そのためにグリップ交換をしていることもあるからです。

ですから、出来る限り純正シャフト装着、純正グリップ装着されている状態のドライバーを見つけることが良いです。そして、購入した後にグリップを交換すればよいのです。自分でグリップを交換するのであれば、自分のスイングに合わせてグリップを選ぶことができますので、そちらの方が賢明です。

ページ上に戻る

 
 

付属品の有無に注意

最近のドライバーは、六角レンチや専用レンチでウェイトを取り外したりすることができます。そのような専用の六角レンチ、専用レンチなどが付属しているのかどうかを確認することも大切です。

中古ドライバーを価格安で、10,000円で購入したは良いけど、専用レンチが付属されてなくて、後から専用レンチを購入したら、ウェイトと抱き合わせのセットとなっており、6,000円だったりとか。そういった余分な出費が発生してしまうこともありますので、よく確認されること良いです。

また、ヘッドカバーの有無も大切な要素です。ヘッドカバーが無かったら、余っているカバーを使うか、ヘッドカバーを別途購入しなければならないこともあるからです。

主な付属品

  • 弾道調整用のレンチ
  • ウェイト取り外し用のレンチ
  • 交換可能ウェイトの予備
  • ヘッドカバー

中古ドライバーの価格、程度ばかりを気にするのではなく、付属品もよく確認すると良いです。

ページ上に戻る

 
 

古すぎるドライバーは高反発の可能性がある

あまりにも古いドライバーは、高反発の可能性がありますので、注意が必要です。その昔、SLEルールが制定される前は、普通に高反発ドライバーが販売されていました。ロフト角9.5°は低反発、ロフト角10.5°は高反発になっているというようなモデルも多くありました。現代は、SLEルールが制定されており、正式な競技はコンペで高反発ドライバーは使用できません。

ただ、懐かしさがあって購入するのは問題ありませんし、競技などで使用することを考えてないのであれば、問題はありません。ちなみに、私も昔の高反発ドライバーを1本持っています。

SLEルールは、2008年から制定されていますので、2008年以前のドライバーは高反発の可能性があります。

当サイトで紹介しているクラブの殆どは、SLEルール適合モデルでる。SLEルールに適合してない場合は、その旨、記載しております。

ページ上に戻る

 
 

良い中古ドライバーを購入するには

良い中古ドライバーを購入するには、古すぎないモデルを購入するということが最大のポイントとなります。その理由として、ここ数年でドライバーは著しく進化しました。重心は前重心(浅重心)となり、低スピンで強いボールが打てるようになりましたし、ヘッドにカーボン素材を使用して、超低重心のドライバーも増えてきました。

つまり、昔のドライバーと少し古いドライバーを比べた場合に、発生するバックスピン量が明らかに違います。ここ数年のドライバーは、バックスピン量が少ないので、飛ばせますし、スイートエリアを外して打っても、けっこう飛んでくれます。反発エリアが拡大されているからです。

はっきりいってしまえば、昔のドライバーよりも少し古いドライバーの方が飛ばせるということです。それは、ドライバーの進化が影響しています。使用している素材も異なりますし、低重心となっていますし、低スピンなボールが打てるからです。

この辺りの事も念頭に置きつつ、良質な中古ドライバーを見つけられるヒントになればと思います。

ページ上に戻る

 

飛ばせるドライバー

SRIXON Z525 ドライバー 中古
SRIXONの少し古いドライバーですが、安定したショットができるモデルです。
紹介ページはこちら
SRIXON ZR-30
2008年モデルのドライバー
紹介ページはこちら
SRIXON ZR-600
2006年モデルのドライバー
紹介ページはこちら
SRIXON ZR-700
2008年モデルのドライバー
紹介ページはこちら
SRIXON ZR-800
2008年モデルのドライバー
紹介ページはこちら
SRIXON Z-TX ドライバー 中古
少しオープフェースとなっているドライバーです。中島常幸、ジム・フューリックの意見を取り入れたドライバーです。
紹介ページはこちら
KAMUI TP-09S(中古)
地クラブが初めてという人にオススメできます。新古で格安で購入できます。重心距離が短くなっており、捉まったボールが打ちやすいです。
紹介ページはこちら
CRAZY FX BM 435(中古)
言わずと知れた名器です。とてもバランスの取れた、シンプルなドライバーヘッドです。重心距離、重心度のバランスがとても良いドライバーヘッドです。
紹介ページはこちら
JBEAM GALPHABlack ドライバー(中古)
jBeam の ドライバーです。
紹介ページはこちら
エポン EPON AF-151 ドライバー 中古
飛ばせるドライバーです。
紹介ページはこちら
エポン EPON AF-103 ドライバー 中古
飛ばせるドライバーです。
紹介ページはこちら
エポン EPON AF-102 ドライバー 中古
飛ばせるドライバーです。
紹介ページはこちら
テーラーメイド r5 XL PLUS Type-D ドライバー(中古)
2008年モデルのモデルです。SLEルール適合です。とても捉まりの良いドライバーです。スライス予防、ドローボールが打ちやすいです。
紹介ページはこちら
M2 ドライバー 2016年モデル(中古)
スイートエリアが広く、重心深度深目で、高い弾道で飛ばしていけます。2017年モデルのM2ドライバーよりも 若干ですが重心距離が短いです。
紹介ページはこちら
M2 ドライバー 2017年モデル(中古)
スイートエリアが広く、重心深度が深く、高い弾道で飛ばしていけます。
紹介ページはこちら
テーラーメイド M2 D-TYPE USモデル(新品・中古)
ドローバイヤスが入った M2 D-TYPE です。 捉まったボールが打ちやすいです。USモデルです。
紹介ページはこちら
キャロウェイ GBB EPIC FORGED (フォージド)ドライバー(新品)
SP-700チタン 鍛造のドライバーです。打感と打音を追求したドライバーです。ジェイルブレイクテクノロジーも搭載しています。
紹介ページはこちら
GBB EPIC スター ドライバー(中古)
キャロウェイ曰く、ルールギリギリのCT値にしているとのことで、とても弾きの強いドライバーです。2017年 もっとも大きな話題となったドライバーです。
紹介ページはこちら
キャロウェイ XR16 SUBZERO ドライバー US
日本未発売のドライバーです。
紹介ページはこちら
GBB 2015 ドライバー(中古)
松山英樹が使用していることから中古市場では品薄が続いていたと言われています。今でも探せば良質な中古があります。
紹介ページはこちら
エアロバーナー ドライバー(中古)
バーナーシリーズの流れを組んだ弾きの強いドライバーです。シャフトが長目となっています。
紹介ページはこちら
テーラーメイド SLDR S ドライバー(中古)
浅重心+低スピン+ロフトアップで高弾道が打てるドライバーです。少々、弾道が高すぎかも?
紹介ページはこちら
テーラーメイド M1 2017ドライバー(新品)
M2 ドライバーの兄弟モデルです。ヘッド体積440cc、460cc 2モデルがあります。
紹介ページはこちら
テーラーメイド バーナー ドライバー 2009 中古
2009年モデルのドライバーです。
紹介ページはこちら
テーラーメイド バーナー ドライバー 2007 中古
2007年モデルの飛ばせるドライバーです。
紹介ページはこちら
テーラーメイド グローレ 2014年モデル
グローレの2014年モデルです。渋いカラーリングで、高弾道が打ちやすいモデルです。
紹介ページはこちら
タイトリスト 915D3 ドライバー 中古
タイトリストの人気ドライバー
紹介ページはこちら
タイトリスト 915D2 ドライバー 中古
ジョーダンスピースが使用しているドライバー
紹介ページはこちら
タイトリスト 910D2 ドライバー
2010年の910D2ドライバーです。重心深度が深くなっており、優しく高弾道が打てます。
紹介ページはこちら
XXIO 8 ゼクシオエイト ドライバー(中古)
やっぱり、ゼクシオは人気が高いです。そして、打ちやすくて、飛びます。
紹介ページはこちら
XXIO 9 ゼクシオナイン ドライバー 2010年モデル
長尺仕様、深重心で強いインパクトで高弾道が打てるゼクシオです。
紹介ページはこちら
ゼクシオ プライム ドライバー 2007年モデル
ゼクシオ プライム 4代目のドライバーです。低重心設計のゼクシオプライムです。
紹介ページはこちら
ブリヂストン JGR ドライバー
重心距離が短くて捉まりが良いです。安定して飛ばせるドライバーです。
紹介ページはこちら
ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR
アップライトで捉まり重視のドライバーです。
紹介ページはこちら
グローブライド ONNOFF AKA 2016年(中古)
捉まりが良くて高弾道なボールが打てるドライバーです。とてもバランスの良いドライバーです。
紹介ページはこちら
ヤマハ RMX 216 ドライバー(中古)
反発係数高め、重心距離は短くなっており、捉まえて直進性の高いボールを打つことができます。
紹介ページはこちら
つるや ONESIDER NS-01 ドライバー 中古
つるやの捉まりの良いドライバーです。クラブ長さも短くて振りやすいドライバーです。
紹介ページはこちら
PRGR RS-F2016 不適合(中古)
製造誤差により不適合とされたモデルです。中古ならではの珍しいドライバーです。
紹介ページはこちら
PRGR RS2016年モデル(中古)
2016年モデルの中古です。当たりが悪くても、そこそこ飛んでくれる弾きの良さが特徴的です。
紹介ページはこちら
 

飛ばせる昔の高反発ドライバー

テーラーメイド r5 dual TYPE D
2005年モデル、高反発ドライバー
紹介ページはこちら
テーラーメイド XR 05 Cti
2003年モデル、高反発ドライバー
紹介ページはこちら
テーラーメイド R360 XD
2003年モデル、高反発ドライバー
紹介ページはこちら
テーラーメイド R540 XD
2003年モデル、高反発ドライバー
紹介ページはこちら
XXIO 2002 ドライバー(高反発)
2002年モデル、高反発ドライバー
紹介ページはこちら
XXIO 2004 ドライバー(高反発)
2004年モデル、高反発ドライバー
紹介ページはこちら
キャロウェイ ERC HOT ドライバー
キャロウェイの昔のドライバーです。高反発モデルです。
紹介ページはこちら
NUD GHIBLI(ニューディーギブリ)高反発ドライバー
超高反発のドライバーです。地クラブで有名なBALDOと同じメーカーが作ってます。
紹介ページはこちら
飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい