肩甲骨と股関節の可動域を広げるストレッチハーツ

ゴルフスイングに必要なのは、柔軟性です。身体全体の柔軟性も必要ですが、意外にも気付かないのが、肩甲骨と股関節の柔軟性です。肩甲骨も股関節も関節であり、可動しますから、柔軟性を保つことに関しては、注視されないことが多いです。ストレッチハーツは、肩甲骨はがしが簡単にできます。

ゴルフスイングに必要となる、肩甲骨周りの柔軟性、股関節周りの柔軟性を維持するためのストレッチ器具がありますので、紹介します。

 

 

ストレッチハーツ

 
ストレッチハーツとは、特殊な形をした健康器具です。ストレッチ用器具です。自分で揉んだりし難い背中、肩甲骨周囲筋をほぐすことができる健康器具です。これが、ゴルフにも良い影響を与えてくれます。また、背中というのは自分でほぐしたりすることが難しい部位です。ストレッチハーツを使うことで、背中、肩甲骨周りを解すことができるようになります。ゴルフラウンド後、ゴルフ練習後に背中が痛いと感じる人にも向いています。ラウンド後、練習後のケアとして使うこともできます。

目次に戻る

 
 

現代人は猫背が多い

現代人は、パソコン作業、スマホ操作をすることが多く、画面を見入るような姿勢を続けることから、猫背になりやすくなっています。最近では、スマホのやり過ぎで、スマホ首と呼ばれる、ストレートネック状態となり、首こり・肩こりに悩んでいる人は少なくありません。

パソコン作業、スマホをやり過ぎると、首と腕が前に出た姿勢となります。肩甲骨が背骨に張り付いた状態となり、肩甲骨の可動域が狭くなります。これは、ゴルフスイングにとっては悪です。また、股関節も硬くなってしまい、ゴルフスイングに必要な下半身の動き、骨盤の回旋を抑止してしまう要素となってしまいます。これも、ゴルフスイングにとっては、よくない状態です。

目次に戻る

 
 

ストレッチハーツの威力

目次に戻る

 
 

ストレッチハーツでほぐすことができれば

ストレッチハーツで、肩甲骨周囲筋と股関節周囲筋をほぐすことができれば、肩甲骨と股関節の可動域が広くなりますから、スムーズなゴルフスイングが実現できます。飛ぶドライバーを使うだけではなく、自分の身体をメンテナンスすることも大切ということです。

肩甲骨周囲筋

かたくなって、背骨の張り付いてしまった、肩甲骨をほぐして、はがすことで、肩甲骨の可動域を広げます。

ほぐす前 ほぐした後
肩甲骨周囲筋をほぐす
肩甲骨というのは、背骨の上に被さるようにのっています。周りには、肩甲骨周囲筋があります。姿勢が悪くなったり、猫背になったりすると、肩甲骨周囲筋が硬くなってしまい、肩甲骨の可動域が狭くなってしまいます。これでは、適切なゴルフスイングができなくなってしまいます。とくには、トップスイングでゴルフクラブを高く持ち上げることが難しくなりますし、下半身と上半身の捻転差を作り難くなってしまいます。

目次に戻る

 
 

肩甲骨が柔らかくなると飛ぶ!

肩甲骨周りが柔らかくなって、柔軟性が高まれば、ゴルフスイングにとっては、メリットばかりです。肩甲骨が柔らかくなるということは、上半身が柔らかくなることと同じ意味なので、深い捻転がしやすくなります。今まで、バックスイングで左肩がアゴ下に入らなかったという人でも、アゴ下に肩を入れやすくなります。深い捻転ができれば、スイングパワーも強くなりますので、力強いインパクトで飛ばせるようになります。

また、肩甲骨が柔らかくなると、腕を上げやすくなりますので、トップスイングの位置が高くなります。高い位置から、ゴルフクラブを振り下すことができるので、今までよりも強い慣性をうみだして、ゴルフクラブを振ることができます。

肩甲骨が柔らかくなると、左肩がアゴ下に入れやすくなる、深い捻転ができる、トップスイングの位置を高くできる、などが期待できます。ゴルフスイングで飛ばすコツは、筋力やパワーよりも、身体の柔軟性の方が重要度が高いです。ですから、自宅で地道にストレッチをするというのは、飛ばすためには大切なことです。

目次に戻る

 
 

股関節周囲筋

かたくなってしまった股関節をほぐして、はがします。骨盤の動きを支えているのは、股関節の柔軟性が必要です。骨盤が動くのではなくて、股関節の可動域があるからこそ、骨盤を動かすことができます。

ほぐす前 ほぐした後
股関節周囲筋をほぐす
股関節というのは、左右に1つあり、股関節の間に骨盤があります。つまり、ゴルフスイングで腰を回旋するというのは、股関節に挟まれた骨盤を回旋するという意味ですから、股関節の柔軟性が必要です。股関節周囲筋が硬くなってしまって、股関節の可動域が狭くなると、スイングの捻転が小さくなってしまいます。

目次に戻る

 
 

ストレッチハーツ その他の使い方

太もも裏のストレッチ

ストレッチハーツは、足に引っ掛けて引っ張ることで、太もも裏をストレッチすることができます。これは、前屈ができない人、前屈で床に手がつかない人に向いています。太もも裏のストレッチは、腰周り、お尻周り、太もも裏まで筋肉が繋がっていますので、腰痛予防、腰痛対策にもなります。

ストレッチを床に置いて、上に座る

ストレッチを床に置いて、上に座ってゆするだけで、お尻周りの筋肉をほぐすことができますので、腰痛対策になります。

使い方がイマイチ判らない人は、上の動画を見てみると、よく判るはずです。ストレッチハーツの有用性が理解できるはずです。

ストレッチハーツ | ストレッチ・ほぐし・はがしがセルフで簡単

目次に戻る

 
 

ストレッチハーツ 購入

とても人気の高い健康器具です。品薄状態となっていますので、ご注文はおはやめにどうぞ!

 

目次に戻る

 

その他、関連記事

jBeam、CRAZY FX BM 435 比較
views 2678
2018/4/5更新 jBeam、CRAZY FX BM 435 比較 目次 jBeam と CRAZY jBeam、CRAZ...
キャロウェイ ローグ スター ドライバー...
views 1059
GDOギアカタログ   捉まりがよく、優しさを追求したモデルとなっています。写真を見てわかるように、ヒール寄りにウェイトが配置...
テーラーメイド バーナー ドライバー 2007...
views 1851
  当時は、テーラーメイド最大の慣性モーメントが実現できたとのことで話題となったドライバーです。ヘッドのソール後方にウェイト...
テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル...
views 1715
2018/4/20 更新   テーラーメイド M2 ドライバーのUSモデルには、D-TYPEというドローモデルがあります...
2018年 まっすぐ飛ぶドライバー! 捉まり重視のドライバー!...
views 1347
2018/06/04 更新 2018年 まっすぐ飛ぶドライバー! 捉まり重視のドライバー! スライスを減らすドライバーの...
リョーマゴルフ MAXIMA TYPE-D ドライバー...
views 1324
  あまり知られてないかもしれませんが、リョーマゴルフは、飛ぶドライバーを作ってくるメーカーです。高反発ドライバーのイメ...
テーラーメイド r5 XL PLUS Type-D ドライバー...
views 1221
  2008年モデルのドライバーです。SLEルール適合モデルです。D Type は ドローが打ちやすくなっているモデルのこと...
キャロウェイ ERC HOT ドライバー
views 1656
  キャロウェイの昔のドライバーです。SLEルール不適合モデル、高反発モデルのドライバーです。ヘッドは、カーボンとのコンポジ...
XXIO(ゼクシオ)の 高反発ドライバー
views 1685
  XXIO(ゼクシオ)の 高反発ドライバー XXIO 2002 ドライバー(高反発) XXIO 2004 ドライバー(...
JBEAM GALPHA Black ドライバー 中古
views 959
  JBEAM GALPHA Black(ジェイビーム・ジーアルファ・ブラック)ドライバーの紹介です。とても捉まりの良いドラ...
ゴルフクラブは進化しているというか、改善されていく...
views 453
毎年、新しいモデルのドライバーが発売されます。常に進化しており、前作モデルとは異なった飛び性能を登載しています。ですから、進化していると言え...
PRGR RS-F 2016年モデル 不適合
views 1315
  プロギアは、とにかく飛ばせるドライバーを開発してきます。2016年のモデルの中には、ルール不適合となるほどの強い反発...
地クラブは、やっぱり飛ぶ!
views 10181
地クラブは本当に飛ぶのだろうか? 地クラブは値段が高いけど、一般的に市販されているドライバーと何が違うのか? そんな疑問を持っているゴルファ...
飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい