どうして、ドライバーは長くてヘッドが大きいのか?

10年以上、ゴルフをしている人ならば、判るはず。どうして、最近のドライバーは、長くて、ヘッドが大きいのか? 違和感があって仕方がありません。ゴルフ大先輩のなかには、パーシモンの時代からゴルフをしていたという人も居るでしょう。パーシモンのゴルフクラブと現代のゴルフ比べると、まったくもって長さも、ヘッドの大きさも違います。

わたしは、さすがにパーシモンは触ったことがありません。パーシモンの次の時代です。チタンですね。まだ、高反発ドライバーが一般的に市販されていた時代です。今の時代のドライバーに比べると、シャフトは短くて、ヘッドが小さかったです。ヘッドが小さいというのは、語弊があるかもしれませんが、アドレスして真上からヘッドを見ると、最近の3番ウッドと同じくらいの大きさしかありませんでした。シャフトの長さも、44インチ程度でした。昔のドライバーは、ヘッドが小さくて、シャフトが短くて振り易かった。昔の方が飛んでたかもしれない。

最近のドライバーは、ヘッドが大きくて、シャフトが長い。そのように進化した理由もわからなくはない。
大きなドライバーヘッド=慣性モーメント高い
長いシャフト=ヘッドスピード速くなる

だけど、振り難くなるから、ヘッドスピードが落ちてしまう。

海外の選手が短めのドライバーを使う意味がわかる。速く振り易いし、ミート率が高まるんだろう。

その他、関連記事

カムイ TP-07S AERO 中古
views 251
  ルールギリギリの反発となっています。フェースに使用されているのは、5-3-2-2チタン合金を使用しており、高強度、高耐久...
つるや ONESIDER NS-01 ドライバー 中古
views 386
  マイナーなイメージのある つるや ですが、けっこう良いドライバーを作ってます。ONESIDR NS-01 の 特長は重心...
古いドライバーと新しいモデルの大きな違い...
views 433
古いモデルのドライバーでも、飛ぶ要素を持ったドライバーは、実際にあります。古いというのは、5年、7年くらいのモデルであると仮定しましょう。そ...
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル...
views 677
  2017年モデルのM2ドライバーが登場してから、マークダウンされて、かなり価格が安くなりました。捉まりが良いとは、言い切...
飛ばせるゴルフを楽しむには腰痛を治せ...
views 88
ゴルフは体を捻転させてスイングしますので、どうしても腰に負荷が掛かります。ゴルフラウンドしたその日の夜は腰が痛くて眠れないこともあります。ど...
テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル 中古...
views 591
  何だかんだいっても人気の高いテーラーメイドのドライバーです。2016年モデルと比較して、大きく変化してないようにも思われ...
リョーマゴルフ MAXIMA TYPE-D ドライバー...
views 301
  あまり知られてないかもしれませんが、リョーマゴルフは、飛ぶドライバーを作ってくるメーカーです。高反発ドライバーのイメ...
テーラーメイド SLDR S ドライバー
views 529
  前重心(浅重心)のドライバーが増えつつあり、低スピンなボールを打てるドライバーが主流になりつつあるときに登場したのが...
飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい