どうして、ドライバーは長くてヘッドが大きいのか?

10年以上、ゴルフをしている人ならば、判るはず。どうして、最近のドライバーは、長くて、ヘッドが大きいのか? 違和感があって仕方がありません。ゴルフ大先輩のなかには、パーシモンの時代からゴルフをしていたという人も居るでしょう。パーシモンのゴルフクラブと現代のゴルフ比べると、まったくもって長さも、ヘッドの大きさも違います。

わたしは、さすがにパーシモンは触ったことがありません。パーシモンの次の時代です。チタンですね。まだ、高反発ドライバーが一般的に市販されていた時代です。今の時代のドライバーに比べると、シャフトは短くて、ヘッドが小さかったです。ヘッドが小さいというのは、語弊があるかもしれませんが、アドレスして真上からヘッドを見ると、最近の3番ウッドと同じくらいの大きさしかありませんでした。シャフトの長さも、44インチ程度でした。昔のドライバーは、ヘッドが小さくて、シャフトが短くて振り易かった。昔の方が飛んでたかもしれない。

最近のドライバーは、ヘッドが大きくて、シャフトが長い。そのように進化した理由もわからなくはない。
大きなドライバーヘッド=慣性モーメント高い
長いシャフト=ヘッドスピード速くなる

だけど、振り難くなるから、ヘッドスピードが落ちてしまう。

海外の選手が短めのドライバーを使う意味がわかる。速く振り易いし、ミート率が高まるんだろう。

飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい