スリクソン Z585ドライバー、Z785ドライバー

スリクソン Z585ドライバー、Z785ドライバー

 

今年のスリクソンZ585ドライバー、Z785ドライバーの特長

ドライバーを、ゼロから作り直せ。というキャッチで、今までのスリクソンとは全く違った考えを取り入れて、作り変えています。スリクソンの良さを引き継ぎながら、優しく打てるモデルに生まれ変わりました。今までのスリクソンは、どちらかというアスリート向けのドライバーでした。そして、少し難しいモデルというイメージがありました。

今回のZ585ドライバー、Z785ドライバーは、どちらかというと優しく打てるモデルとなっています。難しいクラブよりも、優しくて、簡単に打てるクラブの方が良いに決まっています。わざわざ難しいクラブを使って、スコアが良くなるとは思えません。

やっと、そこに気付いたという感じでしょうか。

スリクソン=難しいクラブ、その難しいクラブを使っているから、ゴルフ上級者だ、ゴルフが上手い人という尊敬の眼差しで見られるという優越感は、正直なところありました。時代は、変わりました。難しいクラブを使って、悦に浸るような時代ではないってことです。今の時代は、打ちやすいクラブを使って、良いスコアをマークしてくることの方が大切です。

カーボン素材使用

ヘッドクラウン部分にカーボン素材を使用しており、軽量化と低重心化が図られています。コンポジットがもっとも簡単に低重心にできるのでしょうか。この構造は、最近のドライバーのスタンダードとなりつつあります。

フェース面

フェース面は、黒IP仕上げとなっています。ヘッドもフェースも黒色で引き締まっています。不思議とヘッドが小さく見えます。ドライバーヘッドの色は、黒色が良いですね。落ち着きます。

Ti51AFカップフェース

フェースはカップフェースとなっており、構造としては、ゼクシオテンと同様となっています。打点がズレても強い反発が得られる面積が広くなっています。

Z585、Z785 どちらもディープフェース+シャローバックとなっており、浅すぎない重心深度と低い重心により、誰でも容易に低スピン+高弾道が打てる構造となっています。

ヘッド形状


写真:GDOギアカタログ

ヘッドを上から見ると、ヘッド後方に伸びるように大きくなっています。無駄に大きく見えてしまいますので、苦手な人も居るかもしれません。重心距離は、長目な感じがします。最近は、重心距離の長さよりも、重心角(重心アングル)の深さを重要視することで、ヘッドローテーションのし易さをはかっている傾向が強いですが。

やはり、低重心+低スピン+寛容性=誰でもそこそこ飛ばせる というドライバーにするには、カーボン素材を使用して、コンポジットでディープフェース+シャローバックなヘッドが適しているのでしょう。人気メーカーの良いところが詰め込まれたような
ドライバーヘッド形状となっています。

 

スリクソン Z585 ドライバー


写真:GDOギアカタログ

ソールのウェイトが、ややネック軸に寄りに配置されており、ヘッドローテーションのし易さを追求していることが伝わってきます。ヘッド内部は、見えませんが、ドローバイヤスが入っていそうです。つまり、Z585ドライバーは、捉まえて、低スピン+高弾道が打てるというモデルとなっています。

基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5、10.5
  • 標準装着シャフト:MIYAZAKI Mahana

MIYAZAKI Mahana シャフトスペック

フレックス シャフト調子 シャフト重さ トルク
S 中調子 51.5 5.0
SR 中調子 50 5.0
R 中調子 48.5 5.0

 

スリクソン Z785 ドライバー


写真:GDOギアカタログ

Z785ドライバーは、どちらかというと捉まりを抑えて、左へのミスを防ぐための構造となっています。叩けるモデルです。アジャスタブルホーゼル付きなので、弾道調整が可能です。

基本スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5、10.5
  • 標準装着シャフト(1):MIYAZAKI Mahana
  • 標準装着シャフト(2):Miyazaki MIZU 6

MIYAZAKI Mahana シャフトスペック

フレックス シャフト調子 シャフト重さ トルク
S 中調子 51 5.0
SR 中調子 49.5 5.0
R 中調子 48 5.0

Miyazaki MIZU 6 シャフトスペック

フレックス シャフト調子 シャフト重さ トルク
X 中調子 58 4.0
S 中調子 56.5 4.0