2018年 まっすぐ飛ぶドライバー! 捉まり重視のドライバー!

2018年 まっすぐ飛ぶドライバー! 捉まり重視のドライバー!

まっすぐ飛ばせるドライバーの構造としては、捉まり重視のドライバーです。殆どのモデルは、アスリート向けとなっていることから、捉まりが抑えられていることが殆どです。オープンフェースになっていたり、スクエアなフェースとなっているモデルが多いです。オープンフェースの方が、叩きにいけるゴルファーとしては、左へのミスを軽減させることができるからです。

一般的なゴルファーが良いなと思っているモデルの大半は、捉まりが抑えられています。つまり、フェード打ち用となっています。スライスが連発してしまったという人も少なくありません。特に、テーラーメイドは従来のモデルは、捉まりが抑えられており、お世辞にも捉まりが良いとは言えません。USモデルのD-TYPEは、捉まりが良くなっています。

最近は、捉まり重視のモデルが増えてきました。

 

キャロウェイ ローグ スター ドライバー


PHOTO:GDO

 
USモデルでは、ローグ・ドローと名付けられています。写真を見て判る様に、ヒール側にウェイトが配置されており、ネックを軸として、ヘッドを返しやすい構造となっています。GBB EPIC ドライバーよりも、捉まり重視となっており、直進性の高いボールが打ち易くなっています。というよりも、最初から捉まり重視のスライス減らすドライバーが欲しかったというのが、ユーザーとしての声だったりしますが。

もともと、GBB EPIC は、捉まりがめちゃくちゃ良いというモデルではありませんでした。といっても、2017年に発表されたドライバーの中では、捉まるドライバーに分類されます。GBB EPIC ドライバーは、ペリメイターウェイティングでウェイトを移動させて重心位置を変更できるものの、捉まりには限界があり、右に逃げた感じのフェースアングルを変更することはできません。

ローグ スター ドライバーは、完全に捉まり重視となっています。

 

テーラーメイド M4 D-TYPE ドライバー USモデル


PHOTO:フェアウェイゴルフUSA

 
やっぱり、人気があります。M4 D-TYPE ドライバー 2018年モデルです。USモデルしか無いというのが、残念です。従来のM4ドライバーというのは、捉まりを抑えたモデルとなっており、普通に打てば、フェード(スライス)となってしまいます。従来のM4ドライバーがフェード用、M4 D-TYPE が ドロー用というイメージでしょうか。M4 D-TYPE ドライバーは、ヒール側にウェイト(41グラム)を配置しており、ヘッドを返りやすい構造となっています。手打ちになっても、そこそこスライス回転を抑えてくれます。41グラムのウェイトというのは、かなり重いウェイトです。もともと、ヘッドが軽量化されているので、重さのあるウェイトを配置することになったのでしょう。

残念ながら、テーラーメイドのD-TYPEは、日本国内では発売されません。M2 D-TYPE ドライバーも発売されませんでした。ゴルファーがドライバーで悩むのは、スライスが最も多いはずですから、D-TYPEの需要はあるはずです。日本国内でも発売してもらえると、とても嬉しいというのが、正直な気持ちです。

M4 D-TYPEは、USモデルとして購入することができます。

 

テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル


PHOTO:フェアウェイゴルフUSA

 
2017年モデルとなりますが、M2 D-TYPE ドライバーも捉まりが良いモデルです。人気があるからなのか、中古市場では品数が少ないです。USモデルですから、装着されているシャフトが硬くて重いので、注意が必要です。テーラーメイドのスリーブ付シャフトを購入して、自分でリシャフトをしても良いかもしれません。

 

捉まり重視のドライバー注意点

捉まり重視と言われていますが、実際のところは、ウェイトを配置して、無理やりに重心を位置を変更しています。自分で鉛を張ったときと同じような効果となります。捉まりが良いから、ドローボールが打てるという訳ではありません。どちらかというと、フックが打ち易いというイメージを持った方が良いでしょう。それでも、スライスで悩むゴルファーにとっては、強い味方になってくれることは間違いありません。

もともと、叩けるゴルファーの場合

もともと、パワーがあって、叩きにいけるようなゴルファーの場合は、オープンフェースのドライバー、捉まりを抑えたドライバーの方が良いでしょう。捉まり重視のドライバーを使うと、強烈なフックに悩まされることが懸念されます。テーラーメイドでいえば、M2ドライバーの方が、捉まりが甘くて、チーピンや左のミスを減らすことができるはずです。M3ドライバーは、重心距離が短くて、捉まりが良いです。

その他、関連記事

テーラーメイド AERO BURNER ドライバー
views 468
  長目のシャフトで、弾きの強いドライバーを探している人にオススメできるモデルです。基本的にテーラーメイドは、フェース面...
テーラーメイド バーナー ドライバー 2009...
views 437
  ツアーバナーの流れを組んだドライバーです。ヘッド形状が三角形となっており、個性的なドライバーです。ヘッド形状が気に入らな...
古いモデルのドライバーでも飛ぶ
views 788
全英オープンで、ジョーダンスピースが優勝しました。久しぶりにメジャーなタイトル獲れたということで、海外でも大きな話題となっていDます。201...
肩甲骨と股関節の可動域を広げるストレッチハーツ...
views 64
ゴルフスイングに必要なのは、柔軟性です。身体全体の柔軟性も必要ですが、意外にも気付かないのが、肩甲骨と股関節の柔軟性です。肩甲骨も股関節も関...
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル...
views 677
  2017年モデルのM2ドライバーが登場してから、マークダウンされて、かなり価格が安くなりました。捉まりが良いとは、言い切...
テーラーメイド M1 ドライバー 2017年モデル 中古...
views 407
  テーラーメイド M1 ドライバー 2017年モデルは、ヘッド体積が440cc、460cc の 2つのモデルがあります。 ...
キャロウェイ ERC HOT ドライバー
views 545
  キャロウェイの昔のドライバーです。SLEルール不適合モデル、高反発モデルのドライバーです。ヘッドは、カーボンとのコンポジ...
飛ばせるゴルフを楽しむには腰痛を治せ...
views 88
ゴルフは体を捻転させてスイングしますので、どうしても腰に負荷が掛かります。ゴルフラウンドしたその日の夜は腰が痛くて眠れないこともあります。ど...
飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい