中古ゴルフクラブの寿命は

中古ゴルフクラブの寿命はあるのか?と言われれば、寿命はあります。ゴルフクラブが寿命となり、使えなくなってしまう原因をまとめてみました。

 

シャフトが劣化する

ゴルフクラブを構成しているパーツで、もっとも重要な役割を果たしているのがシャフトです。シャフトは永久に使わる訳ではありません。経年劣化というものがあります。シャフトは撓り戻りを繰り返すことで、その撓り具合に変化が生じてきます。撓っても、撓り戻りが遅くなってしまったりすることもあります。

具体的に何回ほど撓り戻りを繰り返したら、撓り具合が劣化するのかというデータはありません。ですが、何度も撓り戻りを繰り返している古いシャフトは、明らかに撓り戻りが遅くなっています。

また、特にカーボンシャフトの場合は、シャフトの表面に亀裂などが入ると、そこからシャフトが折れてしまう可能性が、とても危険なのです。ですから、中古クラブの寿命は、シャフトからくることが多いです。

古いモデルのドライバーでも、程度が良ければ、それほどシャフトのヘタリを感じる事はありません。

 

ヘッドに関して

ドライバーヘッドはダフったりすると、ソールが擦れる、傷、場合によっては凹みなどがあったりします。ヘッドのクラウン部分やソール側が凹んでいたりしても、弾道にはあまり影響がないとされています。ただし、フェース面の凹みは、弾道に影響しますし、フェース面が破損している中古クラブは売り物になりません。

フェース面は、半永久的に使えると思われがちですが、実は目に見えなくても摩耗していることがあります。

特に地クラブの場合は、フェース面を肉薄化して、ルール適合内で反発を高めています。その理由から、中古の地クラブはフェース面が割れやすいと言われることもあります。

今まで何本もの中古ドライバーを購入して使用してきましたが、いまのところフェース割れの経験はありません。ですから、フェース割れは稀かもしれません。ただ、ヘッドスピードの速いゴルファーが使用すると、また違った意見が出てくるかもしれません。

 

アイアンクラブの場合

中古のアイアンで最も気になるのは、ソケット抜けです。よくあります。中古でアイアンを購入して、練習場で初めて打ったばかりなのに、ソケット抜けしていたということもあります。季節の移り変わりにより、温度、湿度の変化がありますから、シャフトを装着しているソケット部分が膨張したりという収縮しているからと言われています。

中古アイアンのソケット抜けは経験があります。別のアイアンと取り換えてくれるとか、そういった保証がありましたので、安心ができます。ただ、ソケット抜けくらいであれば、自宅近くのゴルフショップで叩いて装着してもらった方が時間を掛けずに治すことができたりもします。

 

中古クラブの寿命は?

使用頻度にもよりますが、毎週ゴルフに行っている、1週間に1度は練習をしているというゴルファーであれば、3年も持たないかもしれません。シャフトがへたってきます。実際に、同じモデル、同じスペックのドライバーを持っていたのですが、片方が常に使用していました。もう片方のドライバーは、予備として保管していました。2年程経過してから、何時も使用しているドライバーと予備ドライバーを持ち比べてみると、いつも使っているドライバーのシャフトが柔らかく感じました。これは、あきらかにシャフトがヘタっているということです。

あまりゴルフに行かないといのであれば、4年くらいは持つでしょう。どちらにしろ、半永久的に使わるものではないということです。経年劣化、使用していく中での疲労破損は必ずあります。

飛ぶ ドライバー おすすめ | 飛ばせるゴルフは楽しい