ドライバーで飛ばすには適切なスイングをすること

ドライバーを買い替えても飛ばない、毎年新しいドライバーを買っているが、あまり飛距離が変わらないというのは、打ち方が悪いということになります。ドライバーで飛ばすには適切なスイングをすることが大切です。

殆どのゴルファーが手打ちとなっていますので、ヘッドスピードが遅くなってしまいます。手打ちというのは、下半身よりも手(腕)でゴルフクラブを振ろうとしていまいますので、手(腕)のチカラがスイングスピードを妨げしてしまい、遅くなってしまいます。

基本的に手打ちのスイング軌道は、アウトサイドイン軌道になります。ゴルフクラブが外側から入ってきます。外側から入ってきて、外側に抜けることはできませんので、内側に抜けていきます。ボールは少し左へ飛び出して、スライスをしてきます。一般的なスライスボールとなります。フェードではありません。スライスボールです。

飛ばそうと思うと振ろうとしてしまいます。ドライバーは、手で持っていますので、どうしても手を振ろうとしてしまうのがスイング軌道を狂わせてしまいますし、スイングスピードが遅くなってしまいます。