ゴルフ100切るには飛距離が必要

飛距離が出ないと、セカンドショットでの距離が残ってしまいますので、難しいゴルフとなってしまいます。PAR380ヤードというホールで、ティーショットのドライバーが、180ヤードしか飛ばなかったら、グリーンまでの距離は180ヤード残ることになります。ドライバーでのティーショットで180ヤードしか飛ばないということは、3番ウッドで170ヤードくらい、5番ウッドで160ヤードくらいしか飛ばないということになります。なかには、ドライバーは180ヤードしか飛ばないけど、3番ウッドの方が飛ぶという人も居たりもしますが。

ティーショットで飛ばすことができなければ、グリーンまでの距離が多く残ってしまい、途端にゴルフが難しくなります。ゴルフで良いスコアマークしてくるには、飛距離は必要ないと言われることもありますが、ある程度は飛ばせないと苦しいゴルフが続きます。

飛距離が必要ないと言われることがあっても、飛距離は必要です。とくにゴルフ100切りを目指している人や女性ゴルファーは、飛ばないよりも飛ばせた方が明らかにスコアが良くなります。 ゴルフ100切るコツを掴むブログにも書かれていますが、ボールを遠くへ飛ばせることがゴルフというスポーツではアドバンテージになります。

ゴルフコースの全長が6500ヤード と 全長5500ヤード どちらが難しいかと言えば、全長6500ヤードのゴルフコースの方が難しいです。距離が長い分、飛ばすことが必要になります。全長が短ければ、飛ばせなくてもグリーン近くにボールを運ぶことができますので、なんとかスコアをまとめてくることができます。

飛距離が出せれば良いというよりも、長い距離を正確に飛ばすことが難しいということになります。

ですから、飛ばせた方が楽ですし、スコアもよくなります。一般的に100ヤードで1打くらいスコアが違ってくると言われています。ゴルフコースのレートを見ても、レギュラーティーからのレートとバックティーからのレートを確認してみると、バックティーからの方が難しいとされています。バックティーからのラウンドの方が距離が長いからです。

ゴルフは飛ばせた方が楽ですし、スコアも良くなります。飛ぶドライバーも必要ですが、飛ばせる正しいゴルフスイングも必要となります。